お問い合わせはこちら

newsお知らせ

リリース情報

2018.10.27
新しい機能を追加しました。
     
・申請データの入力チェックで仕様チェックプログラムと同等のチェックが行われるようになりました。
     
・一括添付した申請書類が各申請者情報に自動割当されるようになりました。
     
・雇用保険資格喪失届の期間等証明票に関する手続きが行えるようになりました。
     
その他、複数の機能が追加されております。ご契約中のお客様には今回の新機能について別途、説明資料を送付させていただきます。
2018.10.13
新しい機能を追加しました。
     
・個人番号がすでに届け済みの場合、個人番号の入力が不要となりました。
     
・育児休業の賃金欄の最終行を追加する場合、対象期間が自動で入力されるようになりました。
     
その他、複数の機能を追加しました。ご利用のお客様には詳細内容について別途ご連絡させていただきます。
2018.09.29
新しい機能を追加しました。
     
・個人番号や公文書に関する操作の履歴をご利用者様がご自由に閲覧いただけるようになりました。
     
・お知らせの表示期間やメール送信時間等、企業単位でのルールを設定できる機能が追加されました。
     
・社員マスタに社員情報を登録せずに一時的に利用できる社員情報取り込み機能が追加されました。
     
その他、複数の機能を追加しました。ご利用のお客様には詳細内容について別途ご連絡させていただきます。
2018.09.08
新しい機能を追加しました。
     
・CSVファイルをアップロードしたユーザー以外でも滞留情報を確認いただけるようになりました。
     
その他、複数の機能を追加しました。ご利用のお客様には詳細内容について別途ご連絡させていただきます。
2018.08.25
新しい機能を追加しました。
     
・育児休業給付金の申請など定期的に申請が必要な手続きに対して、提出期限が近づくとお知らせにアラートが表示され、メールでもお知らせが届くようになりました。
     
・個人番号を提出できない場合に、申請の備考欄に個人番号が提出できない旨を自動で追記できるようになりました。
     
・申請情報を表示する画面が申請ステータス毎に分かれた事で、一目で該当ステータスの申請情報を確認できるようになりました。
     
ご利用のお客様には詳細内容について、別途ご連絡させていただきます。
2018.08.11
新しい機能を追加しました。
     
・お使いの電子証明書の有効期限が1ヶ月を切ると、メニュー画面にお知らせが表示され、お知らせメールが送信されるようになりました。
     
・申請を事前に登録する際に、複数の手続きを選択することで、一括で登録できるようになりました。
     
ご利用のお客様には詳細内容について、別途ご連絡させていただきます。
2018.07.27
新しい機能を追加しました。
     
・お知らせにエラー通知が表示されるとメッセージから検索しなくても直接、対象の申請管理シートに遷移できるようになりました。
     
・各企業ごとのセキュリティポリシーに準拠しやすいように、個別にパスワード有効期限が設定できるようになりました。
     
・社会保険担当、雇用保険担当など、ユーザー単位に担当する手続きが手続き単位で設定できるようになりました。
     
その他、複数の機能を追加しました。
     
ご利用のお客様には詳細内容について、別途ご連絡させていただきます。
2018.07.14
新しい機能を追加しました。
     
・進捗状況の検索条件に「未完了」が追加され、今後対応すべき申請の抽出が簡単に行えるようになりました。
     
・離職票などの画面で賃金記載欄の「行の追加」「行の削除」がワンクリックで出来るようになりました。
     
その他、複数の機能を追加しました。
     
ご利用のお客様には詳細内容について、別途ご連絡させていただきます。
2018.06.30
新しい機能を追加しました。
     
・一つのCSVフォーマットで全ての申請書/届出書に対応できるようになりました。
     
 ※現在、ご利用中のお客様がお使いのCSV書式はそのままご利用できます。
     
・電子証明書がドラック&ドロップでご利用いただけるようになりました。
     
・申請状況のEXCEL出力機能が、未申請時の情報も出力できるようになりました。
     
その他、複数の機能を追加しました。
     
ご利用のお客様には詳細内容について別途ご連絡させていただきます。

関連情報

2018.09.11
「大塚商会 無料!オンラインセミナー(Webセミナー)」にてCharlotteの紹介セミナーを開催することが決定致しました。
     
視聴申込フォームと詳細情報は下記をご参照ください。
     
【N01】労務担当者様の手間を削減!「Charlotte」で働き方改革 ~初めての社会保険電子申請~
2018.08.23
「奉行クラウドフォーラム2018」に出展が決定致しました。
     
詳しくはこちらをご覧下さい。
2018.08.23
「日経 XTECH EXPO 2018」の「働き方改革2018」に出展が決定致しました。
     
詳しくはこちらをご覧下さい。
2018.07.11
「第5回働き方改革EXPO」の出展は本日から。
     
詳しくはこちらをご覧下さい。
2018.07.10
「第5回働き方改革EXPO」の出展詳細が決定致しました。
     
詳しくはこちらをご覧下さい。
2018.06.20
奉行シリーズでおなじみのオービックビジネスコンサルタント(OBC)社で提供している「奉行 Edge マイナンバークラウド」との連携サービスの提供が発表されました。
     
詳しくはこちらをご覧下さい。
2018.05.30
Charlotteから申請可能な一覧をご紹介します。
2018.05.17
JASPAフェア2018に出展致しました。
2017.11.13
週刊BCN Vol.1702にCharlotteが紹介されました。
2017.11.07
ASPIC IoTクラウドアワード2017で「ASP・SaaS部門 先進技術賞」を受賞しました。
2017.11.01
Charlotteの開発会社であるユー・エス・イーが社会保険システム連絡協議会に加盟しました。
2017.08.03
週刊BCN Vol.1690にCharlotteが紹介されました。
2017.07.06
第3回POCOコンテスト最優秀賞を受賞しました。
2017.05.31
ORACLE JAPAN PROFIT Vol.33にCharlotteが紹介されました。
2017.03.30
社労士事務所オフィスアールワン様のブログに掲載されました。
2017.01.27
日本オラクル×ZDNet Japan「WebLogic Channel」に「Charlotte」開発に携わった当社社員のインタ…

about CharlotteCharlotteとは?

電子申請を簡単に行うための支援システムです。

複雑な操作は必要ありません。
お使いの人事・給与ソフトのデータを利用して申請が可能になります。
手続きが多い企業に向けた機能が豊富です。
一人ひとり行わないといけない手続きや多くの公文書を一括で取得する為の機能が充実しています。
「働き方を変える」機能があります。
申請日が来る前に申請情報を設定しておける機能や以前の情報を上手に流用できる機能など手間を削減する為の機能が充実しています。
企業の労務担当者様の
「大変!困った!」
の声から作られた労務担当者様の為のソリューションです。

こんなことありませんか

書類での
申請中

  • 申請書の作成に時間がかかる…
  • 書類の持ち出しのセキュリティに不安がある…
  • 役所に通う時間がもったいない…

e-Gov
電子申請
を使用

  • 申請によって画面が違うので覚えられない…
  • 社員番号や名前で検索したい…

Charlotteを導入
Charlotteを導入

  • 進捗管理に時間がかからない!

サービスを低下させずに、
労働時間の削減を実現!

  • オールクラウドで提供、新しい資産の導入や管理が不要!
  • さまざまな人事給与システムとの連携が可能
  • PCにソフトのインストールは必要ありません。
  • お客様のオーダメイドによる機能追加が可能

簡単4ステップ!!Charlotteの電子システム導入後の作業の流れ

1

CSVファイルへ出力

今お使いの
人事給与システムから
申請情報のデータを
CSVファイルへ出力

2

アップロードして申請

Charlotteへ
CSVファイルを
アップロードして申請

3

欲しい情報をワンクリックで確認

エラーや届いている
公文書が自動で表示されるので欲しい情報を
ワンクリックで確認

4

ダウンロード

公文書もワンクリックで
ダウンロード

charlotteが選ばれる理由

  • 柔軟なカスタマイズ
    柔軟なカスタマイズ

    お使いの人事給与システムに合わせて読み込むCSVフォーマットをカスタマイズできます。

  • 簡単操作
    簡単操作

    わかりやすくシンプルな画面ですのでパソコンに慣れていない方でも簡単に申請が可能です。

  • 大量の申請が得意
    大量の申請が得意

    一人単位でしかできない申請もまとめて申請できます。
    また公文書の一括取得も可能なので、多くの申請を扱うのに便利です。

  • 担当会社が分けられる
    担当会社が分けられる

    社会保険労務士事務所やグループ企業のシェアードサービスで求められる担当者ごとに操作できる会社を設定できます。

  • データの補正/補填がカンタン
    データの
    補正/補填がカンタン

    人事給与システムで管理していないデータも画面から簡単に追記

  • ガイダンス機能
    ガイダンス機能

    申請に必要な添付ファイルが「どんな時にいるのか」を表示し添付漏れを防ぎます。

  • 充実のサポート体制
    充実のサポート体制

    導入時には当社メンバが立ち合いを行い、初めての業務をサポート。また、導入後も困ったときは電話やメールでお問い合わせいただけます。

  • バージョンアップ
    バージョンアップ

    申請書の書式変更が発生しても自動的にバージョンアップ。
    また、毎月行われるバージョンアップでどんどん便利な機能がお使いになれます。

Customer's Voiceお客様の声

「人事システムと給与システムが別なんだけど」

Charlotteでは、最大3つまでのCSVの読み取りが可能です。
Charlotteの中で読み込んだファイルを組み合わせて申請を行います。

「一緒に申請するものをバラバラに管理するのって、正直、面倒・・」

まとめて管理できます!
例えば、新入社員の入社時に、一緒に申請を行う「社会保険被保険者資格取得」と「雇用保険被保険者資格取得」など、同じタイミングで複数の申請が必要となる場合、一緒に申請する手続きをまとめて管理できるので、申請漏れを減らせます。
一緒に申請する手続きをまとめて管理できるので、申請漏れを減らせます

「添付書類は簡略できなくなるの?」

簡略が申請されている場合は、お客様に応じて
添付ファイルのチェック処理の変更が可能です。

「健康保険組合の申請は紙申請のままだから、結局一緒なんだよね・・。」

ご要望に応じて、カスタマイズが可能です。
例えば、お使いの健康保険組合の申請書を印刷させる機能などもオーダに応じてカスタマイズできます。

「会社のセキュリティポリシーの関係でe-Gov電子申請が使えなくなった。」

Charlotteではお使いのパソコンに設定されているJavaのバージョンには影響されません。
パソコンに最初から設定されているブラウザ(Internet Explorer11など)がご利用可能であればお使いいただけます。

「公文書のファイルを保存するときの手間って解決できませんか?」

Charlotteには自動でPDFファイルに変換したり、ファイル名が重複しない機能があり、大変便利です。

「契約前に少し使わせてもらえませんか?」

はい、可能です。
ご利用に向けて、人事給与ソフトから出力するCSVのフォーマットの整理からお手伝い致しますので、安心してご相談下さい。

社会保険労務士事務所 オフィスアールワン

シャーロットを導入されたお客様の声
「時間が劇的に短縮されました!」

弊所は現在約160社のお客様と顧問契約があり、毎月600件近くの手続き業務が発生しています。2014年からe-Gov電子申請を導入していましたが、クセのある操作感や、到達番号でしか進捗管理ができない使い勝手の悪さに悩まされていました。
そんな中、2016年からCharlotteを導入し、手続き業務にかかっていた時間が劇的に短縮されました!操作は非常にシンプルで、誰でも簡単に電子申請ができます。また氏名で検索できるため、お客様からの進捗のお問い合わせに対しても、お返事がスピーディーにできるようになったことも嬉しいですね!

社会保険労務士法人 アールワン 鈴木氏

電子申請・届出業務を
もっと楽に!もっと確実に!

お気軽にお問い合わせください!

株式会社ユー・エス・イー

シャーロット担当

03-5449-8552

受付時間 平日 9:30ー17:00

お問い合わせフォームはこちら

 ※「Charlotte」はユー・エス・イーの登録商標です。(登録商標第5980282号)

 ※「Charlotte」の開発会社であるユー・エス・イーは社会保険システム連絡協議会に加盟しています。
 「社会保険システム連絡協議会」とは、総務省行政管理局及び厚生労働省等と、社会保険・労働保険関係手続きの電子申請が可能なソフトウェアを
 開発・販売・サポートする社会保険システム業界との窓口として、相互の事務連絡、情報交換及び協議等の円滑化を図り、社会保険行政の円滑な執行に資することを目的とした団体です。

 ※総務省 e-Gov最終結合試験合格
 総務省の最終試験は、民間事業者が開発したソフトウェアを使用してe-Gov電子申請システムが正常作動確認することを目的としております。
 民間事業者が開発したソフトウェアの正常動作の確認を目的とするものではありません。

BACK TOP