ホーム > 会社情報 > 福利厚生 > 手作りの内容

手作りの内容

企画

企画 企画・ゲームは社員自らが発案します。社員は管理部門を中心とした若手社員。これまでの長い歴史から積み上げてきたものに、若い考えややり方を吹き込むことで、より満足度の高い企画へブラッシュアップすることが狙いです。また、運動会の実行委員は新入社員が担当します。競技内容やゲームからその年々で新入社員の色が異なり、視点の違ったおもしろさを感じることができます。

会場

会場 全イベントは、専用スペースとして設けられた東京本社内のイベントホールで催されます。社内のため、気兼ねは一切なし。料理やお酒の力もあり、イベント中には上司や経営陣と普段ではできない会話が飛び交います。また、トップと語る会など議論を深めることが主旨のイベントは、特別ルームの茶室で開催されます。和の落ち着いた空間の中で、双方の意見や考えをしっかりと出し合い白熱した議論が展開されています。

料理

料理 “手作り”最大のポイントは社員をもてなす料理。その全ては社内の手による手作り料理です。食材は、料理責任者の副社長(吉弘京子)自らが北は北海道、南は福岡県まで出向き、厳選して仕入れます。調理は副社長自らと管理部門の社員が担当します。社員の間では「家庭の味」「おふくろの味」と評判も高く、会に彩りと笑顔と満腹感を与えてくれています。