ホーム > USEのサービス > 基盤技術 > RIA

RIA

概要

RIAとは、豊かな表現力を持ち、より機能的で、操作性の良いWebアプリケーションのことをいいます 。USEはRIAにいち早く取り組み、その研究成果をシステム開発に生かしています。また、RIAの発展、普及のために社外発信しています。

こんなときに

・Webサイトにてお客様への訴求力を向上したいが、どのような画面にすればよいかわからない。
・窓口業務などで顧客へ見せる画面の見栄えを良くし、満足度、安心感をアップしたい。
・デスクトップアプリケーション、クライアントサーバのような入力しやすい画面は維持しながら、Web化したい。
・ヘルプデスクの稼働を低減させたいが、システム操作に関するヘルプデスクへの問い合わせが多い。

RIAを利用することによるメリット

・豊かな表現力をもつ画面により、ユーザに対して、「おもてなし感」、「安心感」を提供し、訴求力を向上できます。
・直観的でわかりやすいユーザインターフェースを提供でき、ITリテラシの低いユーザにも「使いやすさ」、「わかりやすさ」を提供することができます。
・機能性、操作性が向上し、業務効率やヘルプデスク等のサポート工数が削減が期待できます。

USEの強み

RIA

・USEはRIAにいち早く取り組み、研究活動を行い、その成果を情報発信しています。このような活動を通して培ったノウハウを利用し、最適なシステムをお客様へ提供します。

    <主な活動内容>
    ・RIAコンソーシアム(RIAC)設立当初より参画し、中核的に活動
    ・RIAシステム構築ガイドの執筆
    ・各種IT技術誌に記事執筆、インタビュー記事掲載

・UI先行型開発(UserIntarface Driven Development)プロセスによりお客様とシステム仕様を直観的にわかりやすく、正確に共有することができます。
・RIAとUSEの豊富なSI実績により、システムのフロントエンドからバックエンドまでシステム開発全体をワンストップで構築することができます。
・主な開発実績: アパレル業者向けファッション系SNSポータル、 経営ダッシュボード、グループウェア、 不動産検索システム など多数

RIA