ホーム > USEのサービス > 基盤技術 > SOA

SOA

概要

SOAとは「Service Oriented Architecture(サービス指向アーキテクチャ)」の略で、ビジネスプロセスに必要な機能を再利用可能なサービスとしてコンポーネント化(部品化)し、それらを組み合わせることで新たなシステムを構築する設計手法のことです。

こんなときに

・社内システムが秩序なく、増加しており、メンテナンスコストも増加している。
・複数のシステムを利用した業務を行っており、業務が複雑で効率が悪いのではないかと感じている。
・市場変化や法改正によるシステム更改がよく発生しており、その改修費用を低減したい。

SOAを利用することによるメリット

・サービスという再利用可能なコンポーネントの組み合わせでシステムを構築することにより、別のサービスを新たに追加したり、不要なサービスを削除したりといったプロセスの変更が容易となります。
・サービスを共通化することにより、システム毎に類似したアプリケーションを開発する必要がなくなり、メンテナンスの労力も軽減されます。
・サービスを連携したり、組み合わせてワークフローを作ることにより、最適なシステム連携ができ、業務効率がアップします。
・既存システムをサービスとしてラッピングすることにより、既存資産を有効利用できます。
・日々変化するビジネスニーズに対応した柔軟性を持ったシステムを実現できるようになります。

SOA

USEの強み

・お客様からのヒアリングをもとに、ITシステム全体をどのように改善できるかを検討し、説明します。
・SOA製品においては、深い知識をもっており、ベンダコンサルタントに多くの費用をかけることなく、システム改善が可能です。
・SOAだけでなく、USEの強みとなる技術、業務知識の豊富な各事業部門と連携することにより、USEにてワンストップでの開発が可能になります。
・強みのある製品: Oracle BPEL Process Manager, Oracle Service Bus, WebLogic, Oracle DB