ホーム > USEのサービス > 4つの事業分野 > ERP事業 > タレントマネジメントサービス

タレントマネジメントサービス

タレントマネジメントで能力やスキル・成果を見える化し
人財を最適配置

タレントマネジメントとは、従業員が持つタレント(能力・資質・才能)やスキル、経験値などの情報を人事管理の一部として一元管理することによって、組織横断的に戦略的な人事配置や人財開発を行うことを意味しています。
タレントマネジメントで、人財に関する様々な課題解決が可能です。

こんな課題はありませんか?

タレントマネジメントで課題を解決!

タレントマネジメントのメリット

@ 人財情報の一元管理

職務経験、スキル/コンピテンシーなど人財情報の一元管理とそのスムーズな活用を具体的に解決できます

A 人財活用のメカニズムを構築

グローバル人財DB構築による子会社/海外法人の人材情報を見える化し、活用できるメカニズムを構築できます

B 新たなキャリア交流を構築

社内と社外の人材を同時に連携し、新たなキャリア交流を構築できます

C 個別のキャリアプランで人財開発プログラムを構築

個々の能力に合わせたキャリアプラン作成で、長期的な人材開発プログラムを構築できます

D 役割の明確化

多様な目標管理制度を一元的に管理・見える化し、新たな視点で組織/個人の役割を明らかにできます

E 計画案に沿った育成

後任候補者候補を定期的に選出し、必要な能力(不足する能力)を計画的に組上げて計画案に沿って育成できます

問題解決に向けた分析手法

ポートフォリオによる人財分析では、ポテンシャル(潜在能力)とパフォーマンス(業績/成果)による9Box分析(ポートフォリオ分析)により一元管理、人材配置のための見える化が可能となります。

■ 一部門のパフォーマンス×ポテンシャルの9BOX(ポートフォリオ)例
  パフォーマンスだけではなくポテンシャルを含めた評価を行うことで、より適切な人財の配置や育成が可能となります。

一部門のパフォーマンス×ポテンシャルの9BOX(ポートフォリオ)例
専門職層と低業績層の例