USEメール無害化サービス

提供サービス

USEメール無害化サービスとは

燎原の火のごとくその脅威度を高めつつある『 標的型攻撃メール 』。 社内事務メールなどの様に振る舞い社員の警戒心を薄め、 ひとたび添付ファイルを開くとマルウェアやバックドアをPCに設置。 PCそのものまたはPCを踏み台にしてサーバに侵入し、情報を吸い出し流出、 または情報をロックして身代金を要求するなど、企業に甚大な被害を与えます。 USEは近年増えつつあるというお客様からのご要望にお応えし、 『USEメール無害化サービス』と題して標的型攻撃メールへの対策を、 そしてひいては安心と安全をご提供しております。


うっかりな社員様による事故を回避


USEメール無害化サービスをご利用頂ければ、『スパム対策』や『ウィルス対策ソフト』では防げない、 『標的型攻撃メール』を検査し無害化することができます。 本サービスなら、問題のあるメールをただ排除するのではなく、無害化し再構築してお届けするため、 本来どのような内容のメールが送られているのかを利用者が把握できます。 尚、USEメール無害化サービスをご利用されていない場合、以下のようなリスクと向き合う必要があります。

メーラーはそのままで

リレー方式でメールサーバと連携し、検疫を行います。お使いのメールソフトの設定を変更する必要はありません。


防疫はクラウド上で

外部ドメインからのメールの防疫は、隔離された環境(サンドボックス)上で安全に実施されます。


ゼロデイ対策強化

公開済ウィルス情報のデータベースに頼らず、本文及び添付ファイルの構文解析を行うため、未知の脅威に対応します。


お問合せ

USEメール無害化サービスにご興味頂けましたら、また、その他ITに関するお困り事などございましたら、お気軽に下記連絡先までご連絡ください。