お知らせ(2017/02/17)

「スリー・D・ペッパー」がソフトバンクロボティクスで紹介されました。

当社のPepper開発チーム「圧倒的挑戦(USE)」が開発したアプリ「スリー・D・ペッパー」が、ソフトバンクロボティクスで紹介されました。

「スリー・D・ペッパー」とは、被写体が所定の位置に立つと、Pepperがその周りを回りながら撮影し、その場で3D写真を作成するPepperアプリです。

スーパーやデパートに設置し、Pepperとのコミュニケーションの実体験を通して、これまでとは一線を画す店舗デザインを想定し、制作されました。

昨年11月に行われた「特大ペッパソン2016~目指せPepper App Challenge 2017~」での実演動画もあわせて紹介されています。
是非ご覧ください。


「SoftBank Robotics」に掲載されているページはこちら