お知らせ(2020年1月17日)

経済誌「Forbes JAPAN」に当社社員のインタビュー記事が掲載されました


世界的な経済誌であるForbesの日本版「Forbes JAPAN」に、株式会社ユー・エス・イー(本社:東京都渋谷区恵比寿、代表取締役社長 吉弘三男)の社員で、Salesforce MVPの新美 啓子のインタビュー記事が掲載されました。
タイトル「マインドの共有と仕組みづくりがカギ。セールスフォース流、女性のエンパワーメントを実現する方法」の記事内で、当社の新美がSalesforceを通じてキャリアを発展させた女性として紹介され、お話をしています。


Forbes JAPANの記事はこちら




新美啓子の活動について

新美は、入社から6年目でプログラマーから企画営業に転身。さらには2017年より人事部採用課に異動し、新卒採用を担当しています。
Salesforceに関わる活動としては、Salesforceユーザー会リーダーを、当時最年少で務めるなど積極的なコミュニティ活動を行ってきました。現在は、今年6月に発足した「Japan Women In Tech」のリーダーのほか、システム管理者向けの5つのコミュニティの運営に携わっています。また、ソーシャルメディアやTrailblazerコミュニティを通じて貴重なコンテンツやインサイトを共有しています。さらには、2018年6月に行われた「Salesforce AI アプリコンテスト 2018」では、「新しい水族館の体験」サービスを考案。アプリケーションのアイデアや総合的な完成度が高く評価され、優勝しました。これらの活動により、Salesforce MVPに、2018年、2019年の2年連続で選出されています。また、2019年9月25日(水)に開催されたSalesforce World Tour Tokyoの基調講演に登壇しております。
多くの活動で培った能力を活かし、さまざまなフィールドで活躍しています。

新美啓子の活動に関する記事はこちら

  • Salesforce MVP の新美啓子

  • Salesforce MVPとは

    日本だけでなく全世界でSalesforceコミュニティに特に貢献した人を称え、表彰するものです。Trailblazer(先駆者)の中でも特別なこのMVPは、製品について深い知識を持ち、専門知識を積極的に共有し、コミュニティの仲間を支援している者に贈られます。全世界で約200名、日本で11名のMVPが在籍しています。



    【お問い合わせ先】
    株式会社ユー・エス・イー 広報課
    TEL:03-5449-8533(平日 9:30~17:00) MAIL:kouhou@use-ebisu.co.jp
    企業サイト:http://www.use-ebisu.co.jp/