ico_closeico_searchicon-angleicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubetargetblank

N E W S

リリース

社会保険電子申請ソリューションCharlotteが公文書の電子送付サービス「Charlotte POST」・自動保管サービス「Charlotte Archive」で特許取得

社会保険電子申請ソリューションCharlotteが公文書の電子送付サービス「Charlotte POST」・自動保管サービス「Charlotte Archive」で特許取得

電子申請後業務の大幅な省力化と被保険者へタイムリーな公文書連携に期待

株式会社ユー・エス・イー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉弘 三男)が提供する、社会保険・雇用保険の電子申請を支援するクラウドサービス「Charlotte(シャーロット)」は、電子申請後の公文書の社内保管や郵送作業をシームレスに行う公文書の電子送付サービス「Charlotte POST」・自動保管サービス「Charlotte Archive」の機能が特許権(特許第6931907号)を取得したことを発表致します。

開発の経緯

【Charlotte POST】

離職票や育児休暇中の支払決定通知などの公文書を社員に対して渡す際、発生する課題の解決についてお客様からご相談を受けておりました。郵送の場合、「公文書を紙で渡す為に、届いたPDFファイルを印刷」「郵送する為に、封入入れ間違えがないよう封書詰め」「安全に郵送する為に、レターパックで高い郵送費をかけて郵送」などの課題が挙げられます。
また電子メールの場合、「離職票を受け取る頃には退職が完了し、会社で配布されたメールアドレスが無効」「個人メールアドレスを預かり管理する場合、退職者の個人情報を預かるリスクや扱いなれないメールアドレスの誤送」などの課題があげられます。そこでこれらの課題を解決するべく、Charlotte POSTの開発に至りました。

【Charlotte Archive】

行政から受領した公文書の保管や管理に、ご苦労されている話をお客様から伺いました。
公文書は長いものだと実質40年以上保管する公文書も存在します。その為、「専用の保管庫の確保」「保管作業は事務所でしかできない」「保管された公文書を探すのが大変」「社員の方々によって保管期間が異なる為、管理が大変」などが挙がります。そこでこれらの課題を解決すべく、Charlotte Archiveの開発に至りました。

▼プレスリリースはこちら

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000004207.html

SHARE
PREV Back to index